六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】ストック学習とフロー学習の違いは何ですか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
ストック学習とフロー学習について、塾生に解説したものがありましたら、送って頂けますか。


■回答
ストック学習とは、スポーツでいえば走り込み、のようなものです。
基礎体力ができていなければどんなスポーツでも使い物にならない。
六単塾でやっていることは、まさにその基礎体力の強化そのものです。

基礎体力の強化となる、このストック学習を外しては、どういうことをやってもうまくいかないです。
しかも1日10分でもいいのですから英語学習の中では一番負担にならないはずですしね。

その上で、目標をいくつか設定して、目標ごとに集中した学習(フロー学習)をすべきだと思いますよ。
そうすれば目標に近い形でゴールまでたどり着けるんじゃないかと。
フロー学習も、ストックやってなければ意味ないですけれども。

ただ、ストック学習にも欠点がありまして、即効性が低いことと目標が明確なのに、その目標を達成するわけではない、ということがあります。
そこで、ストック学習にあわせてフロー学習をお勧めしてます。


フロー学習とは、目標別の短期集中学習というものでして、時間と労力を盛大に使って、目標に適したことだけを、イベントの直前直後において短期集中でやりきる、という学習です。
このフロー学習をイベントの前後に実施することで、目標に対して直接的にアプローチすることが可能になります。

海外と日本を往復している場合、海外滞在時がその「イベント」に該当します。
このイベントの前後において、フロー学習をする。
日本にいる間に予習して、海外滞在時に実施して、日本に帰ってきたら復習する、というものです。
ハードですよ。でも効果あります。
フロー学習は1日数時間の学習時間がおすすめです。



この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ