六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】次のTOEICの目標420点に向けて、努力すべきところを教えてください。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
先生こんにちは。
英語の勉強で行き詰っているのでメールしました。

次回のTOEICに向けて目標420点にむけて 努力すべきところを教えてください。
リスニングの方がまだ点数が取れそうなので、こちらでもう少し点数を取ろうと思います。
リスニングに特化した公式問題集を買ってきました。
リスニングのPart4の問題は 文字で読んでもよくわからない状態です。

リスニングの問題集ではありますが、最初から文字の回答を読もうと思います。
全部読み終わってから リスニング(聞く)の問題を解くつもりです。
リスニングの問題を3回やれば、落ちた40点分は回収できるように思うのですが間違っていますでしょうか。

またリーディングは どのあたりを集中して勉強すればもう15点程度上がりますでしょうか。
よろしくお願いします。


■回答
お気持ちわかります(笑)。
僕も英語は好きではありません。

仕事で来る英文メール、グーグル翻訳にかけては、どうですか?
貼り付けたらすぐに日本語出てくるから、読むのがラクですよ。
拒否反応も薄れるかもしれません。

ちなみにTOEIC600とれても仕事で英語が楽しくできるわけじゃないので、仕事の英語と、TOEICは、別物と考えるほうがラクでいいと思います。

・仕事の英語は、なるべくツールとか使ってラクに済ませる。
・TOEIC600については、それはそれで合格点ギリギリ狙う。

仕事が滞ったら意味ないですもんね。

TOEICの方針について、全体的な方針はとてもよいと思いますよ。
ただ、リスニングは、3回やればいいというわけではなく、完璧に聞きこなせるということが大事です。
公式問題集のうちの1試験において、リスニングセクションについて100%理解(かつ正解)できるまでやりきることが大事です。

答えそのものを覚えることではないですよ。
どういう英文を話しているのか、それがどういう単語でどういう意味なのか、それで答えは何になるのか、というところをしっかり把握するということ。
で、違う日に同じ試験をやったら100%理解できる、そこまで持っていく。

あれこれやるより、1つを潰して、それから次に移るという方法がよい。

あとは六単塾のストック学習ですよね。これだけでもリスニングは伸びるのでTOEIC600点程度ならリーデイングにもよりますが、まぁ楽勝です。
リーディングについては、長文アレルギーがあると思うので、短文穴埋めがいいと思いますよ。
全部理解しなくてもいいので。

文法と英単語がネックになりますけど、答えをみて解説をみて、「そういうものか」という形で1個1個覚えるとよい。
これも覚えたもの勝ちです。

ここで、英文を覚える一番のポイントは「暗唱」なんです。
読むだけでは絶対に覚えられないです。
英文を目で読み、口で暗唱し、耳でその言葉を聞く。
五感を使うことで文字通り「体得」できます。

復習をすぐにその場でやる、ということですね。
これがまた記憶定着率に大きく左右する。

もちろん、復習でもまた暗唱できなかったら、さらに復習が続いていく。そういう形ですね。
それができているか?当然、例文も同様なんですが・・・。

ポイントは、その日にできなかったことを明日に伸ばさない。
今日やったことは、必ず今日できている状態にまでもっていく。
ということです。

その結果、1日に解く問題数が少なくてもいいんですよ。
「解く数よりも、覚えた数のほうが大事」ということを頭に入れて、また学習してみてください。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。