六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】海外で二ヶ国語を学習するにはどうすればよいですか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
現在ヨーロッパ(英語圏以外)在住です。
外国人の夫とは現地語で話し、日本語、英語ともに話す機会はほとんどありません。

現在求職中ですが、現地語にまだ堪能ではないことと、英語力のなさで職探しに苦労しているところです。

求人の募集要項を見ると、現地語、英語に堪能かつ日本語を母国語とするという内容が多いです。
一身発起し、現地語の習得はもちろんのこと、六単塾で英語の勉強も始めました。
私自身モチベーションは高いのですが、二つの言語を同時に、且つ英語の習得はインターネットを通してだけの状態で、どうすれば効率良く学習できるのか模索中です。

どうかこういった状況(日本国外で、二ヶ国語を学習、両方とも日本語で学習するのではない)で、最大の効果を得るためにはどうすれば良いかアドバイスをお願いいたします。


■回答
求人の内容にもよると思うのですが、英語を話す力がいるお仕事か英語を読む力がメインのお仕事かでやることも変わってくるかと思われます。
また現地語にしてもどこまでやればよいのか?はよくわかりませんね・・・。

六単塾の学習方針は「要領よく効率的に。合格点ギリギリ合格を目指す」
というものでして、その手始めは合格点を明確にすることからになります。

どの程度の現地語が必要なのか?どの程度の英語力が必要なのか?
その英語力とは読むことか、書くことか、話すことか?
なぜ読むことが必要なのか、書くことが、話すことが必要なのか?
こういうところをもっと具体的に明確にしてください。

ゴールが明確になってから、現時点のレベルと比較して、何が足らないかを洗い出す。
こういう戦略でいかないととても効率的にはいきません。
ましてや2言語同時というのはエリア戦略的にもきわめて弱い・・・。

実際、仕事によって求められるスキルは全然異なるかと思われます。
ある仕事では、もしかしたら英語力なんてちょっと話せればいいだけかもしれない。
ある仕事では、話さなくてもいいけど読む必要がある。

なのに、漫然と「堪能になるレベル」まで勉強しても非効率になるかと思われます。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ