六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】銀行とのやりとりを英語でしたいのですが、そういう勉強の手段がありますか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
いつもメールが届くのを楽しみにしております。

30才の時に海外のある銀行の積み立てをドル建てで始め、その振込のために香港やイギリスの銀行に口座を開設しました。
将来はそれらの国に旅行をするのも目標にしていますが、銀行取引自体は開設当初だけで、時折銀行からとおぼしき電話が海外からかかってくるのですが、まともに対応できる自信がなくて無視しているような現状です。

今は簡単会話編とビジネス英語特訓講座、類義語・対義語マスター講座を受講していますが、フロー学習として銀行とのやりとりを勉強したいと思っています。
しかし自分で調べた限りでは、そのような類書は見当たりませんでした。
本でなくても、何かそういう勉強の手段があれば教えていただきたいのですが、いかがでしょうか。


■回答
まず、銀行のカスタマーサポートや営業の方も、世界中の顧客を相手にしていますのでネイティブじゃない方の相手もしていますから、難易度は低いと思います。

ただ、普通預金、当座預金・・といった専門用語の英単語も知る必要もありますし、実際の会話はかなり限定的・専門的な会話になると思います。
そういうのはちょっと本だけでは厳しいかなと。

結論で言えば、てっとり早いのは英会話の個人レッスンと思います。
そこで「海外での銀行員との英会話を学びたい」という相談をしてみる。

英会話スクールは、おすすめしません。
そういう小さい欲求に答えてくれる柔軟さがないですし、結局、そこを拠点に違うコースを売り込んできますから。
小さい要求に柔軟に答えてくれる、個人レッスンがよいかと。

その個人レッスンですが、ネイティブがやってくれる個人レッスンはネットで探せば数多くあります。

「英会話 個人レッスン」でグーグル検索していろいろよさそうなサイトを見てみてください。
お試しでやっていいと思います。
スクール通うよりはるかに安いです。
僕もたぶんフランス語で同じケースならば、同じ方向性でいきます。

あとはですね、レッスン前に、こういう会話がしたいんだよというのを伝えたいですよね。
そういう意味ではある程度日本語がわかる人が望ましい。
あるいは事務局に日本人がいたら介してもらえますね。

そして、当然ICレコーダをもって会話自体を録音する。
でてきた会話をまるごと覚えて、2回目以降に生かす。
この辺は、フロー学習の基本ですね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。