六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語の本や英文が増える一方だが、どうすればいい?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
10年前、子育てが終わり好きというだけで英語を始めました。

色々な英会話教室(プライベートやグループレッスン)に行ったり、教材を買い込んだり本屋で本を買ったり、新聞を切り抜いたり。
英語の学校に通った時にはノートをとり。本棚には山ほどそんなものがあり、どうしたものか悩んでいます。

今年に入りやっと自分のゴールがもてましたが、ここのメールもノートにとっていますが、そうしたものが、どんどん増える一方です。
過去のノートとかおいていた方がいいのでしょうか。


■回答
1年以上読みもしないものは今後も読むことはないと僕は考えております。
ですので僕の場合はそういうものは廃棄します。

ノートに限らず、本についてもそうなのですが。
断捨離という言葉が以前流行りましたが、一気に棚卸するとストレス解消がかなりあっておすすめですよ。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ