六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】50歳近い人のほうが、学生よりも英語が話せるようになる

六単塾の祐樹です。こんにちは。
「自分はもう歳だから、英語するなんてもう遅い」と思ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


結論から言います。
日本人の場合、50歳以上の方のほうが、学生よりも英語が話せるようになります。

理由は、50歳以降になると日本の英語教育を忘れているからです。
受験勉強から30年以上も経つのでね。これがいい。


僕はいつも言っているように、日本の英語教育は弊害です。
呪縛みたいなものですから、すべて忘れてしまったほうがいい。
英会話は特に、空白の状態から入ったほうが身に付くんです。


一方、若い人は大きなハンデを抱えています。
日本の弊害な英語教育を「素直に」吸収してしまっているからね。
なまじ頭の回転が速いから、間違ったことをドンドン吸収してしまう。
どんどん間違った方向に進んでしまうわけで、これ、すごいかわいそうなことなんですよね。


そして若い人の問題は、時間とお金が足らないことですね。
時間とお金もないうえに、英語の弊害教育というハンデを抱えてしまっている!
それに比べたら、50歳以上の方の強いこと強いこと。
時間もお金もあるんだから、ものすごいアドバンテージをお持ちなんですよ。


だから若い人は、受験英語を学ぶより、いっそフランス語やドイツ語を学んだほうがいいと思う。
受験英語の呪縛が消えるから、フランス語やドイツ語はすごく話せるようになると思うんです。
それぐらい、日本の英語教育は猛毒だと僕は感じているんですね。


だから50歳代のあなたは、年齢で臆することないように。
今が、英語が話せるようになれる最高の時期なんです。今がチャンスだ。

 

まとめましょう。あなたには、若い人より3つも強みがある。

・時間もお金も比較的にあり、人生経験がある。
・10代で学んだ受験英語を忘れることができている。
・ネットをしてる時点で頭もきっちり回っている。


こんな3つもメリットがあるんだから、50歳代は若い人より英会話に強くなるに決まっているんです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ