六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語勉強を続けるには、初期動作にこだわれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
英語勉強を続けることってなかなか難しいと思いませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。

英語勉強を続けることってなかなか難しい。
よくわかる。僕もえらく挫折した。


実は英語を続けるためには、コツがある。それは初期動作をすることを毎日の目標にすることです。

この初期動作とは「1の1にはじめること」だ。これはできるだけ簡単な動作がいい。


たとえば英会話スクールなら「外出用の服を着替える」など。
1の1にはじめることです。


英語の勉強は気が重くても、服着替えるだけなら、まだやる気がでるだろう。だから初期動作は比較的簡単に、クリアできる。


で、この初期動作をクリアしてしまうと、不思議とその後はやってしまうものなのです。
だから、初期動作を毎日の目標にしてやればいい。


ちなみに六単塾なら「メールソフトの起動」が初期動作です。
毎日、この初期動作を実践することだけを考える。
簡単そうでしょう?でもそれで英語は続くのです。英語勉強を続けるコツは、セーフティルール


英語を続けるにはもう1つコツがある。
実はもう1つあるのです。それは「セーフティルールを作る」ということ。


セーフティルールとは、たとえ初期動作を行なってもやる気が起こらなくなったときはやらなくていいよ、という自分に優しくする仕組みだ。


たとえば僕は、最近トレーニングジムに通っているが、初期動作を「服を着て玄関を出る」こととしている。
この初期動作をやることだけを毎日考えている。
そのおかげでジムを継続できている。


でも、服を着て玄関を出たとしても、やっぱりやる気がなくなるときがある。こういうときは、もう
ジムに行かなくてよい(セーフティルール)とするのです。


初期動作+セーフティルール。
この2つの仕組みで、心安らかにずっと物事は継続できる。
そうして僕は東京大学の受験勉強もやってきた。


英語ももちろん、この仕組みで今でさえも勉強を続けている。
それは勉強が「ラク」だからなのです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ