六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】社会で通用する英会話学習は、社会人になってからやれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
あなたは学生のお子さんに、本格的な英語を学ばせたいと思っていませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


あなたは親御さんとして鋭いです。
そう。いまの受験英語は、本格的な英語ではないです。
いまの受験英語で満点とれても、ぜんぜん英語なんて話せないものなんです。

でも大事なのは社会で通用する英語ですよね。
ネイティブとなんでも話せる、そういう英語力ですよね。
そういう英語力のほうが、受験英語なんかより大事です。

それをわかった親御さんは、受験英語はうっちゃって、社会で通用する英会話を学ばせようという傾向にあるようです。

ここで僕からのアドバイスです。

社会で通用する英語力を求めるのは、「大学に入ってから」にしてください。
これが日本では大事です。

というのは、やっぱり日本って、受験がメインなんですよ。
大学に入らなくてもいいけど、入ったほうが社会ではうまくやっていける。

たとえば一流大学にいれば海外留学もラクになる。
提携している大学があるからです。

外資系就職も非常にしやすくなる。
実は外資系就職は、意外にも学歴勝負だったりするのです。
理由は、即戦力になる学生などいないからです。
即戦力員はヘッドハンティングでとってくるのが彼らの流儀だ。


そういうわけで、やはり学歴は重要だ。


そして受験では英語が決め手になる。
受験英語は避けられないのです。
だから子どもには受験英語をやってほしい。


受験英語は何の役にも立たないことは知っている。
受験英語をやってもネイティブと話せないこともわかっている。それでも、受験英語をやってほしい。
受験英語は生半可なものではない。非常に難しいものです。
二足のわらじははけない。


本格的に英語を学ぶというのは受験後でもできる。
大学入ってからやればいいのです。
そのときには、そのときにこそ六単塾は手助けになるはずだ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。