六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英文をこれから書くぐらいなら、英会話からはじめろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
カナダに留学している者です。
英語のライティングクラスに入っていますが苦戦中です。
英文を書くこと自体が精神的にこたえるのです。
スラスラ気軽に英文を書きたいものですが・・・
どうすればいいでしょうか?


【僕の回答】
ライティングより英会話を学んだほうが早いよ。


英文を書くことは、とてつもなく面倒なことです。
うまい表現が思いつかなくて試行錯誤しますし…。
あってるかどうかもわからないから不安だしね。

だから英文日記を始める人は、挫折する人が多いんです。
最初は興味半分でやるんだけど、途中で辛くなるんですよ。

日本語から英語にするストレス、実に大きいんです。

そこでお勧めなのが「英会話」をやるということ。

英会話もまた、日本語から英語にするでしょ。
つまり英会話はライティングと似ているんですよ。

それで、ライティングより英会話のほうが簡単なの。
英会話には小難しい表現など必要ないしね。
簡単なことからはじめられるし、直感的にできるから。

実際、英会話できると英文書くストレスは消えるよ。
僕の場合、英文書くのは楽しくなっちゃったから。

思ったことを次々と英語にできるのが楽しいんだろね。
きっと。僕の英語塾がライティングにタッチしないのはそういう理由。
英会話やってたらライティングできていくからね。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ