読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語フレーズを探すときは、英語を話せるプロに任せろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
ある言葉を英語でどういうか調べるときに、ネットを使っていませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


もしあなたがかなり英会話に(英語じゃないです、英会話)堪能なら、それはOKです。

でも、あなたが英会話はあまり得意じゃないなら、ネットで調べるのはお勧めしません。
少なくとも、日本語サイトは使わないでください。
日本語で書かれた「英語に関するサイト」は、信頼できないからです。


たとえば、自分の言いたい言葉をグーグル検索してブログで探す。
なんといっても無料だから、これも人気の方法だ。
ただし1つ問題がある。
ネット上の英文はウソやまがいものが多いということだ。
英語のできない日本人が書いているのだから当然だ・・・。


僕が少しみてみても、「いやそういうふうには使わないから!」
といった恥ずかしい英文を掲載しているサイトは数多い。
だからネット上の情報は信頼しにくい。


翻訳サイトもダメですよ。翻訳サイトも無料だしすぐに答えが出る。
これまた英文を探すには人気の方法だが、これもNGだ。


なぜなら機械翻訳というのは、いまだ実用性に低い
。恥ずかしい英文のできあがりだ。
翻訳サイトの吐き出す英文など絶対に使ってはいけない。
まだブログ検索したほうがましなぐらいだ。


無料だからこそリスクがあることを知ってもらいたい。
恥をかいてもいい覚悟があるならネットを利用してもよいですけど。
できれば、やめていただきたいものです。

じゃあどうすればいいって、それは英会話のプロに聞いてほしいんです。
そうしたら絶対間違いないですからね。

英会話のプロというのは、英語を話せるプロということですよ。
海外(英語圏)に何年も住んでいて、日本語と同じぐらい堪能に英語が話せる日本人。
そういう人を確保してほしいんです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。