読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話スクールをさぼりがちなら玄関の外に出ることだけまずはやれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
英会話スクールに通うのをよくさぼりがち。
これは、そんなあなたのためのコラムです。


英会話スクールって、契約したらもう英会話できた気になるんですよね。
でも、最初の2ヶ月を過ぎると、とたんに行く気がうせてしまう。
それは実力が伸びないというより、飽きちゃうというか、行くのが面倒くさくなるんです。

この解決法はただ1つ。
「玄関の外に出る」ということだ。


「行きたくないなー」というときでもいったん外に出れば行く気になることがある。
自分の中でモードが切り替わるためです。


家にいるときは、どうしても家モードになるのでこのモードを変えるには家を出るしかない。


そこで、家を一旦外に出ることを条件としたい。
そのうえで行きたくないなら行かなくていい。
それがセーフティルールというわけだ。


やる気が乗らないなら、ぜひこのセーフティルールを活用してみてほしい。
玄関出るところまではがんばってほしいのです。
出ても行きたくないなら帰って良し。そうすると、不思議と行く気になるものです。

ちょっとしたモチベーション維持のコツだが、長く続ければ大きな財産になる。
困っている人は活用してください。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。