読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】ネイティブスピーカーのの早い英会話に頭が追いつきません。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
英語を理解したいのですが、早すぎて頭が追いつきません。
頭の回転は速くないので、理解が間に合わないのです。
早い英語のリスニングのコツはありますか?


【回答】
同じ速さで英語を暗唱するといいよ。


日本の方が英語のリスニングにとりくむとき、どうするかご存じですか?

「聞いた英語を翻訳して日本語にする」んだよね。

でもこれ、一番つらくて、意味がない道です。
頭の中で翻訳するのは本当に疲れますから。

もし、ゆっくりのスピードで英語を話してもらえるならいいよ?
ゆっくりだったら、翻訳するスピードでも間に合うと思う。

でもネイティブの話す英語っていうのは早いよね。
特に慣れてない方にとってはむちゃくちゃ早く感じると思う。
そういう状態では、翻訳スピードでは間に合わないんだ

それで翻訳するのに疲れると、人は次になにをするとおもいます?

「聞き流し」しようとするんだよね。理由はラクだから(笑)。
翻訳するのに疲れきったので、ラクしたくて聞き流し教材に走っちゃうの。

でもこれもダメ。

英語って聞き流しではわからないですから。
知らない英語をきいて、意味がわかるわけはない。
テレパシーしてるんじゃないんだから。

そして聞き流しで結果がでないことがわかると人は・・・。
リスニングに挫折します。英語を止めてしまうわけです。

この流れ、誰かが止めなければいけない。
なので僕が止めます。

英語は、英文暗唱さえすれば8割がたOKなのです。
それで英語は聞きとれる。

早い英語を聞きとるには、同じ速度であなたも話せればいい。

あなたが話せもできない英語を聞きとることは、できないんだよ。
ちゃんと口も動くから、耳も動いてくれるんだ。


良い英文を暗唱するほど、リスニングはもっとできる。
それに気づいた多くの人がリスニングにはまってます。
六単塾でやっているのはつまり、そういうことだよね。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。