六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語は習字と同じ単純作業である

六単塾の祐樹です。こんにちは。
「もう歳だし、英語なんて無理だ…」と思っていませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


英語は、実はそんなにむずかしくありません。
年齢もそんなに意識しなくても大丈夫です。話せます。
還暦の機会に英会話をはじめて65歳ですごく話せた人、いますから。


だから年齢じゃないんですね、英語の場合は。
じゃあ何がポイントかというとトレーニングです。
トレーニングをしているかどうか、それだけです。


英語もトレーニングすると「圧倒的な差」が生まれるのです。
なぜなら知力は体力ほど落ちていかないからです。


体力が落ちるのはしょうがない。
年齢を重ねればぼろも出てくる。体もガタがきて当然です。
ひざも痛くなれば、腰も痛くなる(よなぁ・・・)。
だが知力・脳力は、体よりはしっかりしているものです。
年齢を重ねても、頭はしっかりしている。


だから英語勝負ならトレーニングを重ねたら、わかいもんなんかにゃ負けないのだ!(負けないぞー!)


僕に言わせれば英語学習は、10歳でも30歳でも90歳でもやることは同じ。
シンプルです。なまけたら頭が弱くなるのは、10代でも同じです。
だから怠けずに頭を訓練すれば年齢なんて関係ない。
ボケ防止対策に勉強してみるというのもぜんぜん悪くない。


そもそも英語は難しくはない。
難しそうにみせているのは文科省です。


英語は「習字と同じ」。
実は単純作業であり、実は体育会系の科目なのです。
スポーツなのです。
(といっても頭のスポーツだが。)
だから頭を訓練するにはうってつけです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ