六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話を今も学んでいる先生をみつけろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
英語を学べるカルチャースクールに通っています。
先生方はみんな日本人の先生で、経歴も立派です。
どの先生につくかは自由に選べるのですが、悩んでいます。
どういう先生が私の英語力を伸ばしてくれるでしょうか?


【僕の回答】
今も英語を学んでいる先生を選んでください。


先生には2種類います。
英語がうまい先生と、教えるのがうまい先生です。

プレーヤータイプか、ティーチャータイプか、だね。

で僕は後者のほうがいいと思うんだよ。
教えるのがうまい先生のほうがいいと思う。
英語がうまいだけの人はたくさんいるからね。

たとえばの話だけどね。
サッカーの一流選手が一流の監督だとは限らないよね。
いくらうまい人でも、うまく教えられるとは限らない。

だから、先生の経歴とかあまり見なくていいよ。
英語をどれだけやったとか、検定何級とかあまり関係ない。

それよりも、この先生はプレーヤータイプなのか?
それともティーチャータイプなのか?
それを見極めるほうが先なの。

でティーチャータイプの人の見分け方だけどね。

英語がうまくなった今でも英語を学んでいる人。
こういう人なら、間違いないと思うよ。

だって英語を学ぶ人の気持ちがわかるんだよ。
「こういうところで苦労したなぁ・・・」と思いだすから。
それが生徒のためになるんだね。

だから先生に直接聞いてみたらいい。
「いまも英語を勉強されていますか?」って。

答えがイエスなら、いい先生だと思っていいと思うよ。
あとは相性だね。僕の英語塾の講師も、今も英語を学んでいる人ばかりです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ