読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】忘れやすい英単語は「体験」と一緒に覚えていけ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
忘れやすい英単語をなんとか記憶に残したい。
これはそんなあなたのためのコラムです。


英単語などを覚えるときは、実はちょっとしたコツがあります。
それは「体験」と一緒に覚えるということなんですね。


頭脳は、強烈な体験ほど記憶に残すようになっている。
だから頭だけ使っても記憶には残りにくい。それが「普通」だ。
人間はそういう風にできている。


記憶術をかじった人ならだれでも知っているだろう。
五感を使えば、記憶は長く定着されることは実証済みです。


たとえば参考書の英単語を覚えるときはこうすればいい。


歩きながら左手で、参考書を持つ。
右手は、時計回りにぐるぐる回す。
口は、答えを暗唱する。


口と手と足を同時に使うわけだ。
逆に頭に入りにくいようにも思えるのだが、一度やってみると、不思議に覚えてしまうところが面白い。


体をつかえば、覚えるのも思い出すのも「反射神経」並みに早くなる。
リズムや語感といった別の要素が加わるのも大きな点。
思い出すときに必死に頭使わなくていい。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。