読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】あれこれ英語に挑戦する前に、効率的かどうかを判断しろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
英語をあれこれやってるのに、実感がわかないと思ったことはありませんか?
これはそれはそんなあなたのためのコラムです。


英語をあれこれやっている。
毎月本も買ってるし、英会話学校にも時々通っている。テレビもみてる。ラジオもみてる。
こんなにあれこれやってるのに、どうして英語の実力はつかないんでしょうか?

答えは簡単。
効率が悪いんです。


人間が何かを覚えるには、反復作業が絶対に必要になる。つまり復習です。
復習をこなして、頭に疲労というダメージを与え続けて、ようやく記憶に残るようになる。


ところが、たくさんのことをやっていると1つ1つが中途半端になる。
記憶に残るほどの反復作業ができない。結果どんどん忘れていく。
1つ1つは学習は数分程度の成果しか出ていない。
これはコストパフォーマンスが非常に悪い例だ。


時間を割いて、弱点を補おうと努力することは立派です。
でも、時間をかければ、すべての問題が解決していくと踏んでいる。
それが問題なんですね。非効率にならざるを得ない。


効率をあげるにはたとえば

・文法と長文とどちらが苦手なのか?
・文法を勉強したほうが長文は読めるのか?
・それとも長文を丸ごと覚えたら文法はわかるのか?

そういうことを考えなくちゃいけないの。

そうすれば、文法と長文読解のうち「どちらを先に学習するか」を決めることができる。
やることが1つ減れば、その分、効率はよくなるよね。
こうして順序付けすることで英語学習のコストパフォーマンスは飛躍するわけだ。
つまり短い時間、ラクな労力で、英語力が伸びていく。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。