読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語を聞きとるための6ステップを知っておけ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
英語をなんとしても聞き取りたいと思ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


実は英語を聞き取るには、6つのステップをとればいい。


1.あなたが話すだろう場所と状況を想定する
2.その場所でどんな英語が使われるか正しい情報を調べる
3.その英語の正しい発音を聞いて読みカナにする
4.読みカナを話して正しい発音に近いようにする
5.暗記量を増やして理解できるように訓練する
6.以上の準備をした上で、その場所で会話を聞く


ステップ6以外は、事前準備が占めている。
「事前準備」こそ、英会話で90%やるべきことなのだ。
英会話=「事前準備」ということだ。

しかし、この事前準備ができていない人が多い。
だから英会話ができないのです。

「事前準備?やってますよ、毎日勉強してます」という人は、さっきの6ステップをみてほしい。
6ステップに相当することをやっているだろうか?大抵の人は、やってない。


大抵の人は、

 英語CDの聞き流しをしたり、 文法参考書を1からやってみたり、 英会話スクールに通ってみたり、 人気教材を手取り足取りやってみたり、 意味なく英単語を覚えてみたりしている


だけです。
これらは、さっきの6ステップの中には全然含まれていない。
したがって僕から言ってみれば、「事前準備はしていない」ことになる。

車の運転免許をとるのに、船舶の参考書を開く人はいないだろう。
しかし英語では、そういうムダなことをする人が多すぎる。

やるべきことを、やっておきなさい。
================

そうすれば、いざ英語を話しかけるときも、いざ英語で話しかけられたときも、余裕たっぷりにあなたも応対できることだろう。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。