六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】子どもに英語をさせたいなら、あなたがまず英語を学び始めろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
あなたは自分の子どもに英語を話させたいと思っていませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


自分の子どもをネイティブのように英語を話させたい。
その気持ちはすごくよくわかります。

ただ、そういう人のほとんどは、英語が話せない人がほとんどですよね。
そうすると、これって絶対うまくいかないんです。

なぜなら、言葉って親が教えるものなんですよ。
僕たちも親から言葉を学んだんです。
親が一番私たちの近くにいて、話をしてくれたから、話ができた。
それだけなんですね。

だからもしあなた自身がネイティブのように話せていないなら、まだ言葉もうまく話せない子どもにネイティブな英会話を押し付けるのは、おかしな話だ。


僕が考えるに5歳児までの子どもに英語を学ばせるなら、主に以下の2つを目標にすればよいと思う。


1.身の回りのものを英単語で言えること。
(アップル、バナナとか)


2.超単純な親子の対話ができること。
(Do you want~? とか)


この2つを目標にして、子どもと楽しく遊びながら英語を学ばせてあげよう。
子どもは英語を勉強とは思わず、遊びと思うだろう。
そして、上記の2点の目標程度であれば、クリアはそれほど難しくもない。そうそう、1つ大事なことを忘れていた。


ご両親自身が、英語を学ぼうという姿勢を子どもに見せることも大事だ。
むろん英語力がつけばいいが姿勢だけでも見せるといい。
子どもは、見ていないようで見ているものだからです。


子どもは、あなたの言うことは真似しない。
子どもは、あなたのやることを真似するものです。


あなたの姿をみることで子どもは成長する。
あなたの姿勢をみて、子どもは「そうなろう」と学ぶ。
あなたが英語を学ぶ姿勢をみせれば、子どもも喜んで英語を学ぶことだろう。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ