読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEICで600点を超えるには基礎をやりきれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
TOEIC600点をとれ!と会社から言われています。
ボーナスにも響きそうなのでやるしかありません。
過去にとった点数は432点でした。
まずは英字新聞を読むことからはじめています。
この方向性でよいでしょうか?


【僕の回答】
TOEICの参考書をやりましょう。
不真面目で真剣にやりましょう。


TOEIC600点って誰でも取れるわけじゃないよ。
TOEICって意地悪なテストだからさ。
ちゃんと計画して点数を取りに行かないといけないの。

それを英字新聞を読んでても何の効果にもならないよ。
魚を買いに行くのに八百屋に行ってるようなものだよ(笑)。
魚を買いに行くなら魚屋さんに行かないと。

結局、英字新聞を読んで「逃げ」てるんだよな。
TOEICなんてほんとうはしたくないんだよね。
だから英字新聞読んで紛らわせてるんだけど・・・。

やっぱり本題から目をそらしちゃいけないよ。
TOEICの参考書を解いていくしかないんだよ。
不真面目でもいいけど、真剣にとりくんであげようよ。
そしたらTOEICの点数も答えてくれるからね。不真面目でいいけど真剣にやろうよ。楽しくなるからね。

僕の英語塾もそういう仕組みをたっぷり入れてます。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。