六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】自堕落なので英語をはじめられません。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
英語を勉強しようという意思はあるのですが、すぐに萎えてしまいます。
「明日にやればいいや」と思って気が付けば半年・・・。
自堕落な自分に困っています。


【回答】
あなたがすべきことはたった1つです。
「あなたがすべきことを、明日に延ばさないこと。」


「明日から本気だす」という言葉がはやっていますね。
これ、負け犬の言葉だからあなたは使ってはいけませんよ。

「まだ私は本気だしてないだけ」ならまだいいけど(笑)。
「明日から本気出す」はまずい。言うと負け犬になる。

言葉ってよくもわるくも強力だからね。
特に自分の言葉は気をつけて取り扱ってほしいもの。

自分の口に出した言葉は、必ず自分の耳に入るでしょ。
つまり、人は常に自分の話す言葉を聞くようになっている。
自分の言ったことに自分で納得するようになっているわけ。

納得してから言うのではなくて、言ったことに納得する。
それが人というものらしいのね。

だからポジティブな言葉を言えば、ポジティブな人間になるし。
愚痴や悪口ばかり言ってれば、人の悪口しか言えない人間になっていく。

だから「明日から本気出す」って言うとヤバい。

明日っていうのは、永遠に届かない場所だよね。
だから「明日から本気出す」=「永遠に本気出さない」ということだ。
「永遠に本気出さない」って自分に洗脳してるようなもんですよ。
どう考えても負け犬でしょ、これね(笑)。

で、今日できないことは、明日もできないんだよ。
でも今日やれることなら、明日やらなくていいんだよ。

あなたがすべきことはたった1つです。
あなたがすべきことを、明日に延ばさないこと。
明日にさえ延ばさなければ、いい。

だから「今日1ミリでもやる」と言うといい。
「やる前に、言う」んです。そうしたらそうなる。

やるやらない関係なく、言ってください。
「今日1ミリでもやる」ってまず言う。
そうしたらポジティブな洗脳効果が働くからね。


六単塾ならメール開くだけでもいいんですよ。
1ミリでもやるってそういうことです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ