読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEICの穴埋め問題に勝つ戦略は解説を覚えることだ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
TOEICの問題を日々解いています。
リーディングの穴埋め問題が私には難しすぎます!
高校英語の英文法をやり直した方がいいのでしょうか?


【僕の回答】
高校英語や大学入試レベルの受験英語は強敵です。
手をつけないほうがいいです。
TOEICの解説を覚えていくほうがいいよ。


高校英語や大学入試レベルの英語は世界一むずかしいかも。
アメリカ人の知人に解かせたことがあるんですけどね。
むっちゃ困ってました(笑)。

TOEICの穴埋め問題は確かに英文法の要素が濃いです。
けれど、言ってることは簡単なんだよね。
そんなにむずかしくない。

だから高校英語にいく必要はないんだよ。
ドツボにはまるから。

それよりTOEIC問題集の解説をしっかり読んでね。
そして「ふんふん、なるほどーためになるなぁ」って。
そう言って納得すればいいんだよ。
そうすれば覚えやすいし、記憶に残るんだよね。

損はしないよ。また似た問題も出てくるから。
次には点数が取れます。だいじなことは、TOEICの問題集の解説部分だよね。
この解説がていねいに優しく解説されていればいい。

僕の英語塾の解説は丁寧にしているのはそういうわけです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。