六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語を話せるようになるには10分あれば充分だ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
「英語を一生やっていくなんてしんどい」と思ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


英語を一生勉強するなんて、いやですよね。その気持ちはよくわかります。
でも、勉強するんじゃなくて、楽しむんだったらどうですか?
それも好きなことだったら、一生でもやっていたいですよね。
そういうふうに思考をまずチェンジしたいですね。


英語の場合、辛い勉強を一生する必要はないのです。
「10分間の復習をする」体制でいいのです。


たとえば僕の場合、英語のほかにもフランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・・・
と他の言語を話せるように努力しているわけだが、毎日つらい勉強をしているわけではない。
1言語5分。多くても10分程度と決めている。


この10分が、僕にとってのメンテナンス時間です。


10分だからこそ、毎日続けられる。
10分だからこそ、辛くない。
10分だからこそ、集中できる。
10分だからこそ、復習量も少なくて済む。


この10分のメンテナンス時間のおかげで僕は英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語の力をなんとか保てている。
あなたの場合は英語だけでいいのでとてもラクなことだ。
(うらやましい・・・)


僕が言いたいのは「英語を早く習得して、早くやめよう」
という考え方は「負け」の発想!ということだ。


成功者はまったく逆だ。逆の発想をする。
すなわち「英語を一生学び続けよう、ただし毎日少しだけ」
こういう発想をするのが成功者だ。まわりを見渡してほしい。
いわゆる「英語の成功者」という人々は今もなお英語を勉強しているはずだ。
書籍を出したりブログを書いたり、つぶやいたり論文を書いたり・・・・・
さまざまな形で、英語を今も学んでいるはずです。


英語ばかりの環境に一生いるのであればよいが、そうでなければ「英語とは一生つきあっていく」そう考えたほうがいい。


なに、難しいことはないし、辛いこともない。
一定の英語力がつけばあとはその英語力を落とさないとように日々メンテナンスすればいいだけだ。
そのメンテナンスも、毎日少しの時間でいい。
六単塾のやり方ならば1日10分程度で済む話です。すごくラクな話だ。

やり方と考え方を変えるだけで英語学習は毎日でも続けられるようになるわけだ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。