読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】すぐ忘れてしまいがちならストック学習をやってみろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
英単語や英文法を学んでも、すぐ忘れてしまう経験はありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


英単語や英文法を学んでも、すぐ忘れてしまう。
これは僕も経験あることなんですが、ある意味しょうがないんですね。

たとえばあなたは高校受験や大学受験の内容を覚えているだろうか?
覚えていないはずだ。ほぼ忘れているはずだ。
(僕もそうだ・・・)

なので英語というのは、受験勉強と同じようにやってると挫折するケースが多い。

逆にいうと、受験勉強と違う方法をやればいいんです。
僕はそれに気づいてからというもの、英単語はどんどん覚えられています。
その方法を僕は「ストック学習」と呼んでいます。


ではストック学習は具体的に何が受験勉強と違うのか?
ストック学習にはルールがいくつかある。紹介しよう。


ストック学習は・・・・


◎ラクでなければならない。
◎1日にかける時間は数十分以内。
◎かかる時間と費用も小さくなければならない。
◎復習体制がきっちりしている必要がある。
◎学習環境が一定であること。
◎学ぶことが一定していること。
◎数値的な目標があること。


↑の7つのルールを守っているならばストック学習になる。
ちなみに我が六単塾は当然のことながらストック学習を前面に出した塾です。英語力は受験勉強では身につかない!
そのソリューションとして、アンサーとして六単塾を作り上げたのです。


塾生が気づかずうちに力をつけているのは僕がそのように塾のシステムを作っているからです。


いずれにせよ受験勉強では英語は身につかない。
英語で挫折している方は是非、ストック学習をはじめてみることをお勧めする。
驚くほど違う世界が見えるはずだ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。