六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英語の成績は良かったのに英会話になるとからっきし。なぜ?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
小中高と英語の成績は悪くなかった自分です。
それでも社会人になった今、英語がなかなか話せません。
やはり年齢のせいでしょうか?


【回答】
年齢は気にしなくても大丈夫です。
英会話を学ぶようにしたらうまくいくよ。


まず頭に叩きこんでほしいこと。
それは「英語と英会話は異なるもの」ということです。

「どっちも同じじゃないか?」
と思われるかもしれません。

けれど、日本人にとっては違う。
なぜなら日本人の英語とは「受験英語」だからです。

受験英語は、本質的には英語ではありません。
だってアメリカ人は受験英語をしませんからね。
だってイギリス人は英語を日本語に訳したりはしないよね?

ということは我々が学んできた受験英語は、英語じゃない。
日本人向けの英語なんです。これが基本です。

一方で英会話。英会話は本物です。本物の英語です。
日本の受験英語とは違う。受験英語が入り込む隙がない。
受験英語のやり方でやろうとしても、うまくいきません。

だから学校で英語の成績が良いのに、英会話ができない。
これは当然のことなんです。

ちなみに受験英語が悪いと言っているわけではないですよ?
ここは誤解しないでね。受験英語もいいところはある。

けれど世界で話されている英語とは違うものなのです。
「別もの」なんです。
「国語と数学」ぐらいの差がある。

だから受験英語を止めましょう。
別ものとして英会話を学ぶ気持ちになってください。

それはいつも僕が言っていること。
英会話パターンの暗記でいいんです。
「英会話って数学」だと僕は思っています。
僕が理系だからそう言ってるわけじゃないけど(笑)。

でも、そうかんがえるとしっくりくるんですよ。
六単塾の塾生さんならおわかりだと思います。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ