読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】日本語のように英語で返答するには、普段の日本語を洗い出せ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
英会話を自然にしてみたいと思います。
「元気?」と言われたら「まぁまぁ」と答えたらと…。
自然に英会話を返せるようになるコツを教えて下さい。


【僕の回答】
日本語で普段つかう言葉を洗いだす。
そしてその言葉を英会話にするといいよ。

自然に英会話を返したいのなら。
普段の生活で話している言葉を英会話にしよう。
そうすると返せる範囲はかなり広がるはずですよ。

具体的な流れはこうなります。

1.英会話テキストを開く
2.よく使う日本語会話を1個みつける
3.日本語会話に相当する英文をメモ
4.その英文の音声を聞く
5.音声そっくりに発音カナをつくる
6.日本語会話と発音カナのセットをおぼえる
7.ネイティブにつかってみる

ご参考にしていただければ幸いです。

※※※

英語は、疑問を解消するたびにグンと上達します。

「どうやって英語を学べばいいの?」
「この表現は英語でどう言うの?」
「この英文はどういう意味なの?」

こういう疑問を解消すれば英語は劇的にうまくなる。
そう我々は確信しています。

そこで六単塾では英語の質問・疑問にお答えしています。
英会話堪能・TOEIC満点近い先生がアドバイス。
いつでもどこでも何度でも疑問を解消します。

そのたびに英語は伸びるのです。
塾生の皆様はぜひご利用くださいね。

まだ塾生でない方で興味のある方は下のホームページをご覧ください。



この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。