六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】ある程度英語力をつけるには、物量作戦が一番だ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
今日は「英語って数なんだよ」という話をします。


英語学習は、数が勝負だ。
濃い1時間の勉強をするよりも、10分単位の勉強を6回やるほうが効果は断然違う。

どんな人でも1000回やるつもりでやれば1000回到達前に、実力が格段に変わるものです。


この1000回という回数は英語学習をした回数のことです。
あるいは英語の学習法を1000試した回数のことです。


また、失敗回数も大事だ。
1回や2回失敗した程度では成功はみえない。
成功はすごろくの「ゴール」のようなものです。
なんどもサイコロを振ってようやくゴールできる。
それまでは失敗回数を増やすしかないのです。


それに、失敗回数を増やすといっても同じ失敗を繰り返しては意味がない。
いろんな教材やいろんな学習法に挑戦してみたり、学習時間を変えたり、考え方を変えたりと、様々な「試行錯誤」を増やすことが大事です。
そういう「数」を増やして1000回を目指す。
その過程で、一定の英語力はついてくるものです。「いつまでに英語ができるようになる?」と思う方は、英語学習で何回やったのか、何回失敗したのか、自問自答するといいだろう。
実際100回もやってない人がほとんどです。
大抵の人は、その前にやめてしまうのです。


数は、質を凌駕する。
量は、質を凌駕する。


一定の英語力をつけるまでには、物量作戦が一番だ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ