読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】綺麗な発音を目指すなら英文単位で訓練しろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
外人みたいに綺麗に英語を発声するコツを教えてください。


【僕の回答】
英文単位で発音するクセをつけてください。


英語って英単語と英文で発音が異なるのが面倒なんだよね。

たとえば次の英文。

We will be right back.

英単語だけ発音すると下記となる。
「ウィー」「ウィル」「ビー」「ライト」「バック」

でも英文で発音すると下記となる。
「ウィールビーライッバック」

…このように英単語と英文では発音がえらく変わるのね。

で、どっちが正解かというとどっちも正解なんだけどね。
英会話の場合は、「後者」が正解なんだよ。
英会話では「ウィールビーライッバック」が正解なんだよ。
こういう発音をネイティブはしてる。

だから英文単位で発音するクセをつけたほうがいいよ。
それには英短文を1つの単位でおぼえるのがいいんだよ。「英文が、英語の最小単位」と考えるとうまくいくよ。

僕の英語塾もそうやって学ぶから発音もうまくなるんだ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。