読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話は発音記号より読みカナを重視しろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
あなたは発音記号をみて発音しようとしていませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


結論からいうと、発音記号は使えません。
発音記号をいくら使っても、綺麗な発音はできないのです。


発音記号が使えない理由。
それは発音記号を発音できない人が多いからです。 


これは痛い・・・(笑)。だが真実です。
発音記号を「あるべき発音で」発音できる人など初心者ではない。
初心者でなければ、ある程度英語を勉強してたら、発音記号なんていらない。そもそも、その発音記号が本当に正しいのか、疑問が残る。


あなたに、お聞きしたい。
辞書に載っている発音記号は、誰が検証したのだろうか?


答えは、辞書書いた人です。しょせんは個人の意見だ。
絶対的価値など出ようはずがない。


100人集まれば、「この発音記号はおかしい!」という人がいてもおかしくない。
そういう世界なのです。非常にあいまいな基準だ。
そんなあいまいな基準に頼るなんて、ばかばかしいにもほどがある。


よって超初心者でも上級者でも、発音記号なんて不要なのです。
それよりも「読みカナ」。こちらのほうが死ぬほど大事だ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。