六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話は6単語以内の会話から覚えていけ



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
英会話は英文を覚えていけばいいというお話。納得です。
しかし英文をおぼえるといってもたくさん数があります。
何から手をつけていけばいいのですか?


【僕の回答】
「6単語以内」の英文から覚えるといいんじゃないかな!


「英文を覚えて英会話をする」。

この戦略をとると、英語の世界ががらっと変わります。
「英文法」の世界から「確率論」の世界になるんだね。

確率論の世界ってむずかしそうに見えるけど、実は簡単。
「覚えた英文がどのぐらい現実にヒットするか」。
これだけです。

英文法よりもずっと簡単になるんです。
「ヒット率をあげるためにどの英文を覚えるとよいか」
だけ考えればいいわけだからね。

で、基本的には「短文」から覚えるのが常套手段です。
短い英文ほど、覚えやすいし思いだしやすいからですね。
英会話にもつかいやすいです。

では短文とは具体的に何をさすのか?
「6単語以内で構成される英文」がいいのです。

5単語以内だと覚えられる英文が極端に少なくなってしまう。
7単語以上だと長すぎて記憶に残りにくくなってしまう。

だから「6」という数字がちょうどいい。
そう僕は思っています。

だから英文をいきなり覚えるのはNGね。
英文が6単語以内で構成されるかどうかをまずみるんです。
そして6単語以内なら覚えるんです。
まずはここからスタートしよう。

ご参考にしていただければ幸いです。

※※※

英語は、疑問を解消するたびにグンと上達します。

「どうやって英語を学べばいいの?」
「この表現は英語でどう言うの?」
「この英文はどういう意味なの?」

こういう疑問を解消すれば英語は劇的にうまくなる。
そう我々は確信しています。

そこで六単塾では英語の質問・疑問にお答えしています。
英会話堪能・TOEIC満点近い先生がアドバイス。
いつでもどこでも何度でも疑問を解消します。
そのたびに英語は伸びるのです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。