読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英単語は1日5個ペースで効率的に覚えていけ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
英単語を1000個以上覚えてみたいと思ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


たとえば1年間で英単語1200個おぼえるとしよう。
とすれば、1ヶ月で100個、1日3個覚えればいいわけです。


とはいっても人間は忘れる動物。
復習日は設定しなければならない。たとえば土日は復習日とすれば、1ヶ月の約3分の1は復習日となる。


ならば1日3個ペースじゃ間に合わない。
もっと1日に解く数を増やさないと1年間で習得できない。


具体的には1.5倍程度は増やす必要がある。
以上より、1日5個ペースで覚えればいいと考えられる。


つまり、

平日1日5個英単語を覚えていき、土日は復習日に設定すれば、1年間で英単語1200個は覚えられそう、

という試算が成り立つ!


あくまで試算であって完全ではないが、とりあえずシミュレーションとしては立てられる。


あとは平日5個英単語を覚える作業ができたか、土日に復習してその週の英単語が覚えられているか、合計して現在何個の英単語が覚えられているか、という数字を毎日計測すればいい。


グラフ化なんかしたら
1年後に向けてどの程度のレベルにあるかがわかるだろう。
もっと頑張らなければいけないかもしれない。


少し長くなってしまったが、なんとなく把握していただけただろうか?


1.英語で何をしたいのか、を明確に決定する!
2.やるべきことを試算する!
3.数値的に毎日管理する!


この3点で、自分がどの程度英語ができているのか、どの程度目指すところにいるのかがわかるはずだ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。