六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEICは試験後にこそ猛勉強することを忘れるな

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
頑張ってTOEICを受け続けても得点が伸びないのです。
得点を伸ばすためには何が必要なのでしょうか。

【僕の回答】
得点を伸ばすために一番お勧めしたいのは、試験後、できれば当日に猛勉強することだ。


実は、試験直後こそ大チャンス!
頭が一番活性化してるから、なんでも頭に入るのです。普通は、試験を終えたら遊びたいものです。
その気持ちはわかる。


だが、その習慣を変えるべきです。
一番「おいしい時期」を逃すことになるからです。


TOEICは試験後に猛勉強しなさい


はっきり言おう。
僕に言わせれば試験の「結果」など、二の次三の次。
ただの途中経過に過ぎない。


僕にとっての試験とは「勉強を加速させるためのツール」だ。
試験は「試験前後に猛勉強するために」受けているのです。


そもそもTOEICの試験結果で喜んだり悲しんだりする
必要はない。結果など勉強量でだいたいわかる。
結果が取れてないなら、勉強量が足らないだけだ。


つまり試験前に、取れる点数などわかっている。
喜んだり悲しんだりする必要などない。


それより、この試験というせっかくの貴重なイベントを、なぜもっと真剣に生かさないのか?
お金まで払っているのです。もっと活用してもよいはずだ。試験終わって遊んでいる人は、大事な機会をドブに捨てて
いるのも同じです。それで「また点数があがらなかった」
と言っているのです。


うーん・・・。当たり前だ・・・・。
と言わざるを得ない。 ((((((ノ゚⊿゚)ノ


最後にTOEICで点数とれる人と、TOEICで点数とれない人の違いをお伝えしておこう。


TOEICで点数の取れない人は以下のような人たちだ。


●TOEICと関係のない参考書で勉強する
●いろんな勉強を取り入れる(英会話とか)
●売れてる教材に飛びつく
●1年に1回だけ試験を受ける
●公式問題集は試験ぎりぎりにやる
●試験前になったらペースを落とす
●試験が終わればあそんで忘れる


ではTOEICで点数が取れる人とはどういう人か?
まったく逆なのです。


●TOEICと関係のない参考書で勉強「しない」
●いろんな勉強を「取り入れない」
●売れてる教材に「飛びつかない」
●1年に「できるだけ」試験を受ける
●公式問題集は「1年前から」やる
●試験前になったら「1日5時間は」勉強する
●試験が終わっても「1日5時間は」勉強する


ちなみに六単塾は、上記のようにTOEICを得点アップ
させる英語学習法を教えている。本気で点数が欲しい人はTOEICを学び、満点を目指してほしい。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。