六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話テキストをぼろぼろになるまで使いきれ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
ラジオが好きで、NHKラジオ英会話を長年やっています。
熱心に聞いてますが、英語がうまくなった感触はなく…。
NHKラジオ英会話ではダメなのでしょうか?
なにかコツがあるのでしょうか?お願いします。


【僕の回答】
テキストをボロボロにするといいよ。


NHKラジオ英会話は歴史の長い英会話教材ですね。
好きな人も多いと思います。内容はマニアックだけどね。

で、英会話学習の基本というものをお教えします。

それはテキストを何度も読み、書き込むことなの。
テキストを使い古して使い倒すの。これが基本です。

だからラジオで聞いてるだけではダメなんだよ。
どれだけ熱心に聞いてもそれだけではダメなの。
話にならないです(うまいこといった!)。

それでね。
テキストを使い倒してボロボロにするにはどうするか。

当たり前だけど、1回聞くだけではダメなんだよ。
ボロボロになんかならないんだよ。
何回も聞いて何回も解いてみることをしないとダメなの。
そして外にも持ち出さないといけないの。
そうしないとボロボロにならないの。

ちゃんとやれば3ヵ月・半年たつとボロボロになってくる。
そうなってはじめて「英会話学習やった」って言えるの。

だからね。
ボロボロになる前に新しいテキスト買うなんで論外なんだよ。
お金をドブに捨てるだけだよ。
ちゃんとつかってあげようよ。

むろん、テキストを買ってないのも論外です。
ラジオで無料で聞けるからといってお金をケチらないの。
ケチる人は勝てないのが英語の世界です。僕の英語塾のテキストはメールで送っているんですよね。
だから見た目は絶対にボロボロにならないんだけど(笑)。

でも仮想的にボロボロになる仕組みにしてるんだ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ