六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】学生の頃は受験英語に焦点をあてておけ



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
「英語って学生の頃から苦手だった」と思ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


確かに学生の頃に学んだ英語ってむずかしいですね。
受験英語って本当にむずかしい。
高校受験もそうだけど大学受験なんて本当にむずかしいと思います。
パズルみたいだからね。

だから、学生の頃のトラウマを考えれば、英語嫌いになる人多いと思います。


ところがですよ。
実は受験英語がいくら苦手でも、実は英語って話せるんです。
というか、受験英語って、英語じゃないんです。
受験英語じゃなくて、英会話をこれからするんだったら、すごくラクなんです。


そう。
「受験英語と英会話とどっちが簡単?」というと、実は英会話のほうが簡単なんです。


受験英語ではない、本来の「英語」に関してはどうか?というと実は英語は拍子抜けするぐらい簡単なのです。

受験英語を知らなくても、英語は話せる。
だから大人になっても還暦になっても英語が話せるのです。僕の知り合いで今年64歳になる方がいるのだが、この方は60歳になってから英会話を学びはじめ、現在はカナダに在住しているつわものです。


正直、彼の発音はうまくはないし、単純な会話だけだが、それでも現地生活できるほどの実力になったのです。
ちなみに彼の学生時代の英語の成績は「2」が大半だったという。
受験英語ができなくても英語は話せる典型的な例です。


・・・というわけで、六単塾に子どもを入れたいという親御さんも多いのだが、僕はいつも断っているわけだ。
子どもの将来を思えば、トータルに考えて、

● 今は受験英語を勉強させたほうがいいよ
● 大学生になってから本当の英語を学ぶといいよ
● そのときにまた六単塾がよければ考えてみてね、

というのが僕のスタンスだ。


熾烈な受験を体験し、苛烈な海外生活を体験したからこそわかる、僕の譲れないスタンスです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。