読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話参考書のカナは参考までにとどめて、リアルに聞いてみろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
英語テキストの発音カナと、実際に聞いた音声が異なると思ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


確かに、英語テキストの発音のカナと、実際の音声とは少し異なることがあります。
これは発音カナというのが、万人向けには作られていないからです。
これはどうしようもないんですね。


たとえば僕もフランス語を勉強しているが、参考書のかな読みは、実はあまり信用してないです。
簡単な例を紹介しましょう。
大抵のフランス語会話の参考書では「さようなら」をフランス語で言うと「オー・ルボワール」というカナが振られている。


しかし現実には、こんなふうには言わない。

オーバー

これが正しい「さようなら」です。

むろん、オーとバーの間には巻き舌の「R」が入っているのだが、基本的には「オーバー」で通じる。
というか、オー・ルボワールでは通じない・・・。

このように参考書のカナは、信用しないのが一番だ。
参考にはなるし最初の頃は頼らざるを得ないけれども。


ではどうすればよいか?
決まっている。自分の耳を信頼するしかないんですね。
あくまで英語テキストの発音カナは「参考に」とどめておく。
そして実際に音声を聞いて、自分で発音カナをつくるのが理想です。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。