六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】毎日・週ごとにご褒美を自分に与え続けろ



52万人が体験!「たった6単語の英会話習得法」今なら無料で試せます

あなたは「たった6単語で英語は話せる」ことをご存じですか?6つの単語からなる超シンプルな英会話フレーズを体得して、英語をあきれるほど楽しくラクに話す方法があるんです。メールアドレスを登録すれば無料で体験できます。今なら先着300名に特別レポート「1日10分であきれるほど英単語を覚える方法」も無料プレゼント。今すぐメールアドレスを入力して申込ボタンを押してください。無料です!


メールアドレス入力


六単塾の祐樹です。こんにちは。
今日は独学について少しお話したいと思います。
なぜなら、日本人が英語が話せるようになるには、独学が必須だからです。


独学というと、どうしても受験英語のイメージがつきまとう。
苦しい・つまらない・だるい・・・・・・
確かにそのとおりだ。 (。・ω・)


で、そのつまらない勉強をいかに楽しくさせるか!
これは大人ならできることです。
もっと頭を使って賢く工夫するのです。


そこで勉強を楽しくするコツの1つとして
「自分にご褒美を与える」ことを僕は推奨している。何か勉強したら、自分にご褒美をあげる。
何分勉強したら、自分にご褒美をあげる。
ご褒美のために勉強をするのです。
つまり馬ニンジン作戦である(笑)。でも効果はテキメンだ。


僕自身もやる気のないときはご褒美を作っちゃう。
「この仕事終わらせたら飲みに行くぞー」みたいに自分を鼓舞するときもときには必要なのです。


ここでポイントは「ご褒美間隔が長すぎるとやる気がなくなるので、早めにご褒美をあげるほうがよい」ということだ。


具体的には1日・7日・30日間隔でご褒美を設定するといい。


〇 英語勉強を1日30分間したら、お菓子1個。
〇 英語勉強を5日間続けられたら、週末に映画鑑賞。
〇 英語勉強を1ヶ月続けられたら、月末に小旅行。


などなど。


ご褒美には大人パワーを使ってとにかくお金をかけるとよい。
大金を使ってよい。
普段使わないような大金を使っても、「あれだけ勉強したんだから・・・」
という免罪符ができるので罪悪感を感じることもあまりない(笑)。


このように1日・7日・30日でご褒美を適切に自分に与えること。
いわばセルフコントロールをすることが英語を楽しく続けていくための成功法則だ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。