六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英会話スクールに通うより、独学することをメインにしろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
学校で英語を勉強したのになぜ英語が話せないの?と思ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


日本の学校で英語はとっても勉強します。
すごく英語の授業に時間を取られていますよね。年々その傾向は激しくなっている。

にもかかわらず、相変わらず英語ができないのはなぜなのか?

それは学校には、日本人が日常英会話を話せるようになるための【プロセス】が一切ないから、なんです。

「こんな話をしていれば、そのうちなんとかなるだろう」というあきれた体制なのです。

これは大手の英会話スクールでもよくみられる傾向である・・・
(プライベートレッスンでもそうかもしれない)。


これで英語が話せるようになるほうがおかしい。
たとえば英語表現については、その辺の書店に売ってる本を読んで一人で勉強したほうが効率が全然いいのです。


なぜならその場その場で会話で教えてもらったフレーズを覚えているようでは一生英語は話せない。
遅すぎるからです。覚えるべき英語フレーズは、実は数万個ある。
最低でも5万個。これは鉄則だ。


だが英会話スクールで、1回のレッスンで学べる英語フレーズは5つぐらいがせいぜいだ。
よくて10。


しかし、その10も、家に帰るころには忘れてしまっている・・・・・


さらに一番の致命的な問題がある!

ずっと口酸っぱく言っているように英会話スクールは「試験会場」と考えることが望ましい。
そう、ただの試験会場なのです。


試験会場で勉強する人はいないでしょう。そういうことです。


英会話スクール行けば英語が話せると思うから失敗する。
外国人先生は、あなたの英会話を「試す」存在と考えよう。
英語の勉強は別途、自宅でやればいいのです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。



 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ