読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】英文法がまったくわからないです。あきらめてもいいでしょうか?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
この歳になりましたが英文法を1からやりなおす気でいます。
孫が中学2年生で、英語の教科書をみせてもらいました。
これがなかなかむずかしく、理解に苦しんでいます…。
どうはじめたらいいでしょうか?


【回答】
英語の先生をまず確保しましょう。


あなたは中学の英語教科書、信用していますか?
もし信用してるなら、やめたほうがいいかもしれないよ。
ネイティブに困惑されるレベルです。

実際、困惑されるというか、訂正されたからね。
具体的にはこんなかんじ。

・「it」「the」のつかいかたを訂正された
・同じ表現の繰り返しを訂正された
・冗長な表現をばっさり訂正された

中学の英語教科書も人がつくったもの。
日本人が作ったなら怪しくなって当然。

たとえばアメリカ人が日本語の教科書をつくったらどう?
その教科書、絶対どこかおかしくなると思うよ。

よって中学校の英語教科書を信用しなくていいです。
1からやるなら英語の先生に教えてもらいましょう。
英文法は地盤ができたら後は楽ですからね。


英文法は中学生レベルだけおさえれば日本人には充分です。
塾生は「中学レベルからやりなおす文法講座」をやろう。
実践編までやれば完璧ですよ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。