六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語をやり直すなら受験英語の教科書は捨てろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
あなたは英語をやり直そうとして、受験英語をやり直していませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。

英語を1からやり直すのはいいとおもいます。
ただ、受験英語をやることはやめたほうがいいです。

というのは受験英語は、英会話用にはできていないんです。
受験英語は、英語を日本語に翻訳するために「作られた言語」です。

英語⇒日本語 にしか有効じゃないんですね。
だから日本語⇒英語には使えない。

しかも受験英語では「読む」こと自体にも問題を抱えている。
たとえば受験英語では英文の「後ろの単語から」
日本語に翻訳して文章を読んでいく方法を教えている。

しかしネイティブも日本人と同じように「後ろの単語から」英文を読んでいるのだろうか?
否!!!そんなわけはない。

ネイティブは前の英単語から順に後ろの単語に向けて
文を読んでいくのです。当然のことだ。
(ウソだと思ったらネイティブに聞いてくださいね)


ネイティブが、英文後ろの英単語から戻りながら読むなんて
パズルみたいな読み方をするわけがない!!
そんな英文の読み方をするのは日本人ぐらいなものです。


つまり僕が言いたいことはこういうことだ。


受験英語は、英語じゃない。受験英語は古文と同じと考えてほしい。
実社会でほぼ使えない。
受験英語は、受験のための1つの試練だとそう割り切ってもらいたい。


したがって受験英語が嫌いな学生諸君は、英語嫌いで結構です。
試験の1つとして受験を頑張ってもらいたい。
嫌いなことをやり続けることで社会人としての我慢を覚えることができるだろう。


英語を学びたいなら大学生になってから1から学べばいい。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ