読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】家族が英語学習の邪魔をするなら、カフェで英語学習しろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
自宅で英語学習しているが、家族が邪魔してうっとおしい。
そんな経験ありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


僕も学生時代、実家で英語学習していたことがありました。
その際、意外と家族からの干渉が入ってくるんですよね。

はっきり言って、家族の干渉は、何の利益もない!
むしろ不利益ばかり多いものです。


たとえば受験に熱心なママ。
子どもの勉強方針に絶えず干渉して、子どもの受験を台無しにすることは昔からある。
これは最たる例です。

受験生にとって、親には勉強方針など、口を挟んでもらいたくないし、「勉強しなさい」など言われたくないし、「がんばりなさい」の言葉はむしろ要らないのです。
しかし、このことがわかっていない親たちは、子どもにえらく干渉してくる・・・・。


子どもの心情それは、

・親には、勉強方針に口だしてもらいたくない。
・ただ黙って、暖かく見守ってもらいたい。
・自分のやっていることを、信じてもらいたい。
・元気がないときは、暖かいスープでも差し出してほしい。


これが本音なのだが・・・・・。


子どもが、休息のために漫画を読んだり、友達や、付き合っている人と映画に行ったり、息抜きで遊びに行ったりしたものなら
「そんなことで受かると思ってるの!」と叱ったりする・・・。
まったくの見当外れだ。


英語学習も同じ。
せっかくやる気になっているが、他人に口を出されたりちょっかい出されることで、やる気を一気に失ったりすることがよくある。
自分がやる気になっても、まわりがそれを「止めてしまう」のです。


だから、やっぱりあまりにも干渉が多かったら、家ではやらないほうがいいかもしれないね。非効率だから。
カフェで英語学習するというふうにしたほうがいいと思います。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。