六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【お悩み相談】社内の社員の英語力を一斉にアップさせたいのですが。

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
私は今、貿易会社の流通部門で人事部長をやっています。
私の課題は、社内全体で社員の英語力をアップさせることです。
TOEIC800点を目標に掲げ、全社で取り組んでいます。
しかし社員の成績はとんとあがらず・・・
私の努力不足もありますが、どうすればよいでしょうか?


【回答】
「戦略」を社員と相談して決めてください。

・・さて、最初に言っておきます。
今日はとっても大事なことを話します。
英語で西欧するには、正直これだけわかっていればいい。
それぐらい大事なことです。

だから、今日の話は長くなります(笑)。
いつもの3倍増しぐらいにはなりますが、大事なことなので。
よろしくお願いします。

まず、英語で成功するための「5つの言葉」を説明します。
5つの言葉を知っていれば成功確率がグンと伸びるからね。

英語力をアップするには次の5つの言葉が必要です。

「目的」
「戦技」
「戦術」
「戦略」
「目標」
の5つだね。

で、それぞれの5つの言葉を説明しますね。

「目的」とは、ゴール地点。
「戦技」とは、基本ツール。
「戦術」とは、テクニック。
「戦略」とは、ゴールへの道筋。
「目標」とは、ゴールへの途中経過地点。

これらは山登りの例で説明すると、わかりやすいだろうか。

「目的」とは、山頂。
「戦技」とは、リュックサック。
「戦術」とは、疲れない歩き方。
「戦略」とは、山頂に行くまでの道筋。
「目標」とは、休憩地点。

では順に説明していこう。

目的を決めることから成功するかどうかが判断できる。
成功とは、目的を達成したか否かだからね。
だから「山頂に行く」という目的を決めることがスタートだ。

それで山頂に行くには、まず基本的なツールが必要だよね。
リュックサックやピッケルなどが必要になるわけだ。
これが戦技。

でも素晴らしいツールがあっても成功するとは限らない。
ツールだけ良くても、疲れてしまっては意味がないわけ。
「疲れない歩き方」といったテクニックもいるよね。
これが戦術。

でもテクニックがあっても成功するとは限らない。
山頂と全然違うところに向かってたらダメでしょ(笑)?
「山頂までの正しい道筋」が必要だよね。
これが戦略。

でも道筋が決まっても一気に行けるわけじゃない。
機械じゃない人間がやることだから休憩も必要だ。
だから山頂までに休憩ポイントをいくつか決める。
これが目標なんだね。

以上のように、5つの言葉は順にたどるのがコツなの。
目的→戦技→戦術→戦略→目標、というふうに。

そうすると誰でも成功するようになっているの。
英語でも仕事でも受験でも。デートでも成功する(笑)。
成功者はこの過程をくりかえしているだけなんだよ。

だから他人に英語を教える場合でも同じことをすればいい。

目的→戦技→戦術→戦略→目標と決めていけばいいんです。
ほんとこれだけで成功する。簡単です。

ところがですよ。
英語の社内教育してる日本の会社で、成功事例は少ないんです。
相談者のいうように成功してないケースがあるんです。

それはなぜかというと、理由は簡単なの。
「目的→戦技→戦術」で止まっているからなんですよ。
この先の、「→戦略→目標」、がないんです。

実はこれは一流企業によくあることでしてね。
「社内の公用語は英語」と言ってる会社には、よくある失敗例です(笑)。

会社が用意するのは、目的から戦術まで。この先がないんです。
この先には「戦略」と「目標」があるんだけどね。これがない。
戦略までたどり着いてない。

戦術までしか届いてないから会社は無茶を言うんです。
社員には無茶にしか聞こえないんです。

目的「TOEIC800点とれ!」
戦技「社内で勉強できるぞ!」
戦術「手当も出すぞ!英会話スクールに行って来い!」

これで「あとは結果出せ!」と会社側は言うだけです。

でも、これでは無理だって(笑)。
あとの「戦略」「目標」が抜けているんです。

戦略がないなら英語なんて絶対に無理ですよ。
戦略のない会社はつぶれるのと同じ。
戦略のない英語学習は結果は出ない。

では戦略とは何か。

戦略とは、目的に効率的にたどり着く作戦です。
戦術を駆使して戦略は生みだされる。

登山でいえば「最短距離の道順」になるね。
今回の例なら「社員の英語力を伸ばす作戦」。

英語の社内教育している会社は、この戦略が不足してるの。
だから戦略を社員と相談して決めないといけない。
それが人事部長の仕事ですよ。

戦略が決まると自然と目標も決まります。
たとえば「この人はヒアリングに弱い。だからリスニング中心でやろう」
「リスニング中心だからTOEIC500点程度が目標に最適だ」と目標がきまる。

こうやって社員と戦略とつくって一緒にやっていく。
それで英語力は格段に伸びていきます。
今日は長くなりましたが、以上です。
社員一人一人とコミュニケーションをとることも大事ですよ。
社員ごとに英語力は違うんだからさ。
社員ごとに戦略も変わって当然なんだよね。

だから社員それぞれと戦略を決める。
そして進捗状況をお互いに確認しあうの。
それが人事部長の仕事だよね。

六単塾ではそういう相談も塾生とやっています。
塾生は先生とメール相談が無料で何回でもできるのは、そういう理由です。
そうやって一緒に戦略を詰めていくから、うまくいくんですよ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。





 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ