六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】リスニングは聞き流してできるほどラクではない

六単塾の祐樹です。こんにちは。
聞き流しの英語教材に興味を持ったことはありませんか?
これはそんなあなたのためのコラムです。


結論からいいます。
聞き流して英語がわかるのは「事前に」英語フレーズを知っている場合だけだ。


事前に知っているからこそ、流しで聞いていて偶然に「あぁあれか!」と気づく。
ただそれだけだ。


聞き流すことがよかったのではなくて、事前に覚えてたから、わかっただけだ。
ただそれだけのことなのです。


つまり聞き流し自体は、英語力に何の貢献もしていないのです。
むしろ時間のムダです。
聞き流しは英語学習的には超非効率だからです。


これは逆に言うと事前に覚えておかなかった英文は、いくら聞き流しても一生理解できないということだ。
当然だ。
知らない言葉を何度聞いたところで理解できるわけがない。


たとえばあなたは宇宙人の話を聞き流して、いつか理解できるようになれると思うだろうか?
エスパーでもない限りはムリだろう。英語でも同じことです。
これは小学生でもわかる理屈です。


しかし多くの大人が、聞き流しても英語に何にも貢献しないことをわかっていない。
いや、なんとなく怪しんでいるのだが、広告宣伝に乗せられて、聞き流し教材を買ってしまう・・・。


いや、買うまでは最悪いいのです。
買って、それをバイブルのように学習する・・・。
その時間は、どれだけムダ、というか、意味のない行為だろうか・・・。


もし僕が聞き流し教材を広告宣伝するなら、「人生の浪費、お手伝いします」
このような広告を出したくもなる。


「聞き流し」教材をもっているみなさん。


捨てろとは言わない。(地球のゴミが増える)
壊せ、とは言わない。(ケガするかもしれない)
売れ、とは言わない。(買った人がかわいそうだ)


ただ、押し入れにしまって二度と出さないことだ。
聞き流し教材は、使わなければいいのです。
人生の浪費を防げる。「やらないほうがマシ」というものがこの世にはある。
聞き流しする時間があれば、英語フレーズを1つでも多く覚えることだ。
そのほうが、はるかにリスニング力に直接貢献する。


リスニングは聞き流してできるほどラクではない。
しかし地道にやっていけば、やった分だけあなたの力になる。
とてもわかりやすい世界なのです。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。