六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英単語をさくさく覚えるには、1問10秒以内で覚えていけ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
今日は英単語をさくさく覚えていく方法についてお教えします。


1日1時間かけて英単語を20個覚えている人もいるようだが、これは非効率に思える。


僕ならば1時間あれば100個やるだろう。
復習含めて100個きっちり覚えると思う。


効率よくやるにはどうすればよいのか?


それは「1問10秒以内で解く」ことだ。
以下のようにすればいい。


◎1問10秒以内に答えを出す
◎10秒以内に答えがでなければ「すぐ答えを見て解説みる」


こういう取り組みをすれば、たとえ全問解けなくても1問1分程度。
1時間で60問~300問は優に解ける計算になる。
スピードは3倍以上になるわけだ。
100問やっても復習に時間を割くことができる。


英語は時間さえかければいいと勘違いしてはいないだろうか?
だらだらやってても何にも身につかない!常に効率化効率化が大事ですね。
要領よく短時間で英語を学ぶ習慣をつけるべきです。そのためには、時間を意識することだ。
時間を意識して問題を解くことで、効率的に英語学習があなたもできる!


何もむずかしいことではない。
よくわからないなら「1問10秒以内で解く」
これだけでも実践してもらいたい。


結果はおどろくほど変わってくるはずだ。



この話の続き(裏話)については、ここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ