六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語が長続きしないときは、13の徳を守ってみろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんからご相談をいただいたのでお答えします。

【相談内容】
昔から英語が長続きしません。やっては止めの繰り返しです。
こんな自分をいつかなんとかしたい。
どうすればよいでしょうか?


【僕の回答】
ベンジャミンの本を読んでみるといいですよ。


ベンジャミンとは、「米国人の父」といわれた偉人です。
ベンジャミン・フランクリン。

この人、政治・外交・物理学・気象学で著名な方です。
国民の信を得てアメリカ独立宣言の起草委員にもなった。
健康でありつづけ、大きな財産をつくりました。

要するにアメリカのヒーローです。
アベンチャーズみたいな人。

ところがこんな偉大なベンジャミンも、昔は違っていた。
何をやっても続かない自堕落な人だったといいます。

そんなベンジャミンが、自分をどう変えたか。
自分に必要な「徳」を13個かんがえました。
その13の徳目とは以下の通り。

節制・沈黙・規律・決断・節約・勤勉・誠実。
正義・中庸・清潔・平静・純潔・謙譲。

そして

「この13の項目に反する行為は絶対にしない」。
「1週間に1個ずつ徳を守ることにしよう。」

そう考えて1週間に1個、徳を厳守すると決めました。

たとえば1週間目は「節制」を守る。
そして2週間目は「沈黙」を守る。
そして3週間目は「規律」を守る。
・・・・

すると1年かけて各徳を4回守ることができる。
(52週÷13項目=4)

そうして1年間続けた結果、彼は乗り越えたそうです。
自堕落な自分を乗り越えた。それはとても幸せだったそうです。
あなたも同じことができるはずだ。

この話の続き(裏話)については、ここを押してください。