読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語教材は専門性の高いタイトルで選びなさい

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
欲しい英語教材がたくさんあってどれにすべきか悩んでいます。
NHKラジオ教材はやってますが、どうも効果がないので・・・
どれから手をつけるのが良いのでしょうか?


【僕の回答】
日本にはたくさんの英語教材がある。
毎年毎年すごい数の英語教材が生まれては消えていく。


しかも広告宣伝の垂れ流しで、ウソのまぎらわしい情報が堂々と流れているのが現状だ。
だから何の教材を選べばいいのか迷うのは当然です。


では実際にはどういう教材を選ぶべきなのか?
僕のアドバイスは「●●専門」という教材を選ぼう!
というものです。たとえば


「リスニング専門教材」
「暗記力専門教材」
「スピーキング専門教材」


といったものです。


このように「●●専門」であれば、まずは失敗の可能性も低くなる。
専門性の高いタイトルの教材がおすすめです。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。