読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語はニッチに学び、要領よく習得せよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

今回は「ニッチな目標の意味がわからない人」へのお話。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
いつもお世話になります。基本的なことを教えて下さい。
祐樹さんが仰る「ニッチな目標」とはどういう意味ですか?
大きい目標ていうことでしょうか?ニッチな目標というのは小さい目標ということ。
かなり絞り込んだ目標という意味のことだ。
専門性がある、といったほうがいいかもしれない。


【僕の回答】
僕がニッチな目標というときは、大抵は、目標を絞って絞りきって英語学習しなさいよ、というときです。たとえば「英会話をする」というのは大きな目標だ。
それに対しニッチな目標というのは、「レストランでの英会話をする」ということになる。
ね、絞り込んでいるでしょう?


さらに言えば、「レストランで」「注文の」英会話をする、というなら、さらにニッチといえるのです。


英語は、これぐらい絞り込んで学ばないとダメです。


絞り込みをすればするほど、要領よく効率よく英語を習得することができる!

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。