読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】計画通り英語を取得するには1日の時間割を最適化せよ

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
仕事・家事・子育てと一人三役で毎日忙しいのですが、それでも将来のために英語をコツコツ習得したいと思います。
そこでどうやれば時間をうまく作れるか、祐樹さんはどうされているのか教えていただけますでしょうか?


【僕の回答】
結論から言うと、僕は「時間は作れない」と思っている。


この相談者のように時間はとうの昔に埋まっている。
人間は1日24時間しかない。そこから時間は作れない。だから英語学習の時間がないのであれば
解決法は1つだ。


「1日にすることを並べ替える」。
これだけなのです。


たとえば1日にあなたがすることを洗い出してみよう。


食事・睡眠はもちろん、遊ぶ時間・テレビ見る時間などもリストアップする。
洗い出す時点では細かいリストになってかまわない。


次に今度は優先順位で並び替えてみよう。
一番上を「一番大事なこと」にする。
大事に思う順番に並び替えるのです。
ただし一番上には「英語学習」を置く。


最後に1日の時間割を作り、優先順の高いことから時間割を埋めていく。
これで並び替えは完成です。英語学習の時間がない人は今すぐ、あなたの1日の時間割を最適化してもらいたい。
意外と簡単に時間はできるはずだ。


そしてこの1日の時間割は、定期的にリニューアルしていくととてもよいと思う。
僕もそうしている。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。