読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】小学生の子どもに英語を学ばせて成功する方法

六単塾の祐樹です。こんにちは。
質問をいただいたので回答します。

【質問】
小学5年生になる子供に、英会話を習わせようとしていますが、1.外国の先生 2.日本人の先生 3.パソコンを使った学習
と、グループ、プライベートレッスンを選べます。
性格上は、どのやり方でも楽しんで学習できると思いますが、小学生の場合、日本人と外国の先生ではどちらの方が良いのでしょうか?
塾としては、日本人の先生を勧めているようなのですが、耳から
聞こえる音も重要な気もして迷っています。アドバイスをお願い致します。子どもに、中学で学ぶ受験英語を学ばせたいのなら、前者なら日本人の先生+グループになる。


【僕の回答】
受験英語があまりにつまらなく苦しいことはよくあることで、日本人の先生なら塾講師としてわからないことを教えてくれる
アドバイザーになってくれる可能性はある。


一方、受験なんてどうでもよくて、ネイティブと話せる英語力を子どもに学ばせたいなら、外国の先生プライベートがおすすめ。


グループよりプライベートがいい。
ここでは日本人の環境を一切捨てきることが大事である・・・。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。