読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語は失敗を数多くした人が成功するようになっている

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「これまでたくさんの教材を買って失敗してきました」という方もいるだろう。
これはそんなあなたのためのコラムです。

最初に言っておきたいことがあります。
臆することはない。
どれだけ失敗しても、あなたは臆することはない。


なぜならあなたは前進している。失敗は前進なのです。
成功の反対は、失敗ではない。挫折なのです。


成功と挫折は両極端を向いているが、失敗は成功と同じ側に属している。
失敗することは、成功の方向性を示している。
失敗することこそ、成功の過程なのです。

勢いで前に進もう。
失敗を恐れるな。
不正解を恐れるな。

そして失敗を受け入れよう。
不正解を受け入れよう。
その覚悟がある者こそが、正解にたどり着く。

とりあえずやってみるのです。
「まぁ命まではとられないだろう」という気持ちで。イヤになったなら止めればいい。
失敗すれば時間やお金を若干失うことになるが、それは勉強料です。恐れることはない。

正解は1回ではみつからない。
何個もの不正解をたどって正解が1つみつかるのです。
この世は、そのようになっている。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。