読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】忙しい人が英語をマスターするには「外注」の考えを取り入れろ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

「外注」っていう言葉をご存知だろうか?


外注とは他人にお仕事を任せる、という意味です。
これ、実は英単語を覚えるためには必須な考え方なのです。


今日は外注と英単語習得の関係についてお話する。


独学が最強であるのは間違いないのだが・・・


僕は前に言ったかもしれないが、英語というのは【独学が最強】です。たとえば英会話スクールに週2回行くぐらいなら、家で毎日1時間独学したほうが100倍よい。


英会話スクールに通うのは時間がかかりすぎて
ムダが多すぎるからです。本来の英語学習の時間がほとんどなくなってしまう。


外国人と話すメリットなんて、その意味ではほとんどない。どうしても話したければ
外国人がいる場所に時々いけばいいのだから。


いまや日本も、外国人はたくさんいる。


そもそもインターネットが発達しているから
オンライン上でいくらでも出会える。


だから独学が最強。間違いない。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。