読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】英語の音声教材を買う前にやっておくこと

六単塾の祐樹です。こんにちは。

英語関連の商品で代表的なのは「音声CD」だ。
この音声CD、実は日本人にとても好評だ。


なぜかというと「聞き流しができる」からです。
これが日本人に受ける。


「適当に聞き流しておけば自然に英語が身につく」
というんだから、ラクだ。
忙しい日本人にとってはありがたい。
こんなんで英語が身につくならありがたいわけだ。
「もし、そんなことができれば」だが。


英会話スクールが、「ネイティブといればいつか英語がわかるようになる!」
という【販売文句】を言っているように、音声CDの販売会社は「CDを聞いていればいつかは英語がわかるようになる!」
という、うまい販売文句を言ってくる。


そういう「おいしい」販売文句に乗せられて
1個10万円もする音声CD教材を買う被害者が続出しているのが現状なのだが・・・。


実は、音声CDを聞き流せば英語がわかるというのは語弊がある。
CDを聞き流して英語がわかるというのは、「既にその英会話の意味を知っている」場合に限る。


たとえばCDから流れてくる会話が、「カフェでコーヒーを頼む」という会話とする。
この場合、カフェという単語も会話内容も全て事前にわかっているならば、
何度もCDを聞くうちに「ああ、カフェでコーヒーを注文する会話だったな」
「単語ごとに意味がわかるな」
と理解できるわけだ。


つまり「事前に単語・短文の意味を知っていること」。
これが大前提となる。
もしこの前提があるなら、音声CDも使える。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。




 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。